未分類

東京湾!木更津でボートで黒鯛(チヌ)の落とし込み

黒鯛 餌のイガイ

木更津で黒鯛の落とし込みというと沖堤防が有名ですが今回はボートで黒鯛を狙います。

ボートでの黒鯛落とし込みとは?

ボートで黒鯛を狙うときには堤防の足元などでなく沖のブイやバースに居ついた黒鯛を狙っていきます。
沖ブイやバースには5月~8月にイガイがつきその貝を狙って黒鯛がたくさん集まります。
そこにイガイやカニ餌で黒鯛を狙います。

餌を使いますがゲーム性が非常に高い釣りなのでルアーをやる方にもおすすめです。

ボート黒鯛のタックル

ロッド

とくにボート黒鯛用のロッドはないので他の釣りを代用します。お奨めは2.5m前後のエギング、一つテンヤのロッドです。
一つテンヤロッドを使う場合には真鯛の時よりもドラグを占めるので少し強めのロッドがお奨めです。
また、オープンな場所では3.5mくらいの磯竿も使いやすいです。竿が長いと遠くからでもピンポイントに仕掛けを落とすことができます。
ただし、あまり狭いポイントだとヒットした後にやりずらいのでとりあえずの1本なら2.5mくらいが使いやすいですね。

個人的にお奨めはシマノのボーダレスシリーズです!

リール

リールは2000~3000番のスピニングリールを使用します。黒鯛は障害物についてヒットすると凄い勢いで潜っていきます。根ずれを防止するためにもシッカリとしたドラグ調整が必要です。
価格が1~3万円くらいのリールであれば今は品質が安定しているのでお奨めです。

ライン

ラインはPEの1~2号にリーダーは16ポンド(4号)を使っています。糸ふけでアタリをとることも多い釣りなのでPEはピンクなど目立つ色がお奨めです。

オモリ・針

オモリは2B~5Bを潮の速さで使い分けします。基本はゆっくりと自然に貝が落ちる中で出来る限り軽いものから使用し風が強くポイントにキャストできない、潮が速く直ぐに仕掛けが流れるなどあれば重くしていきます。
針はチヌ針を使用します。

ボート黒鯛の釣り方

障害物にぎりぎり落とす
フリーテンションで仕掛けを送り込む
糸ふけが出たら聞き合わせ
障害物から離れるまではドラグは強め

餌のつけ方

餌はイガイをつける場合には以外についているヒモに針を絡めていきます。
私は大きなイガイよりは小さなイガイのかたまりをつか合うことが多く貝にではなくヒモに巻き付けて使っています。
黒鯛の針と針のつけ方

黒鯛 餌のイガイ

キャスティング

黒鯛は海から障害物の壁側に頭を向けているのでポイントに近づいたら障害物の出来る限り近くに仕掛けを落とします。
着水は静かに、着水したらそのまま糸ふけを出して仕掛けを送り込みします。

合わせ方

基本は聞き合わせです。明確なあたりでラインが率いこまれていくときには一気に合わせますが大体はラインの糸ふけを見ていると途中でラインが沈まなくなるので糸ふけを巻き取りそっと聞き合わせすすればOKです。

やり取りとドラグ調整

掛かり始めは相手も元気があり障害物に向かって逃げようとしますので少し強めのドラグで障害物から離します。
ラインもリーダーを16ポンド使っているので強めの2キロくらいに調整しています。

コメントは受け付けていません。