ジギング

鯛ラバロッドでジギングは出来るのか?

こんにちは、ANGLER編集部のKです。
今回は鯛ラバロッドでジギングは可能か?について説明していきたいと思います。
実際に『鯛ラバロッド ジギング』というキーワードでも多くの方がこのページにきています。

しかし!!

ちょっと疑問が出てきました。『鯛ラバロッド ジギング』で検索している人は

『鯛ラバロッドでジギングがしたいのか?』
『ジギングロッドで鯛ラバがしたいのか?』

どちらなんでしょうね~、ちなみに私は鯛ラバもジギングも両方やります。
ということで今回は鯛ラバロッドでジギングは出来るのか?という視点で解説していきたいと思います。また解らないことなどあればぜひ、コメントで質問してくださいね。

普通のジギングは可能か?

鯛ラバロッド ジギングで検索している人って結構いるんですね。結論から言うと鯛ラバロッドでのジギングは無理です。
まぁ、ジギングの種類にもよるのですが私が想像しているジギングは青物などを釣るときのジギングで結構、シッカリとしゃくります。ジグの重さも100~200ぐらいです。
これは完全に厳しい。

ライトジギングは可能か?

もう少しライトなジギング、太刀魚などをやる場合はジグの重さも軽くはなりますが一定のテンポでしゃくりジグをある程度は飛ばして動かすので出来ないことは無いですが釣果に差は出ます。(実践済み)やはり鯛ラバロッドではティップ、ベリーもジグを動かす(飛ばす)ことを目的としていないのでほとんど動かないです。

マイクロジギングは可能か?

最近流行りのマイクロジギングですね。こちらはジギングと言っても30~60gくらいのジグを使いアクションも巻くだけ。というかしゃくってはいけないくらいなので鯛ラバロッドで十分にできます。というか、釣り方はほとんど鯛ラバと一緒なので鯛ラバロッドのほうが使いやすいくらいですね。

鯛ラバロッドでジギングをやるためには?

鯛ラバロッドではジギングはライトジギングでも厳しいです。逆の発想でライトジギングのロッドで鯛ラバは出来ます。太刀魚などでつかうライトジギングロッド(ジグウェイト100~15gくらい)であればジグをしゃくることもできますし鯛ラバで巻き巻きすることも可能です。3キロくらいまでの青物も狙いますが十分釣れます。
泳がせとかもやったりしますが十分行けます。
ということで結論としてはライトジギングロッドで鯛ラバをするのが万能かと。

 

コメントは受け付けていません。